風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

技術士建設部門に合格しました。

  • 2013/07/31(水) 10:09:35

ひさびさのブログ更新になってしまいました。

ご報告が、ものすごく遅れてしまいましたが、技術士の建設部門を取得しました。
分野は「河川砂防及び海岸・海洋」です。
これは私の専門とする地すべりなどの土砂災害対策がこのカテゴリーに含まれるからです。

今回は、誰に助けを求めるでもなく、特別ガリベンするでもなく、自力で取得することができました。

長年の夢が叶い嬉しい。

残念ながら、その合格直前に会社をリタイアしたため、社会に貢献できていませんが、いつの日かまた、、、と思っています。

オモシロ技術塾 ストックマネジメントの話題

  • 2012/12/27(木) 14:29:07

昨日は島根県技術士会青年部会の「オモシロ技術塾」の日で、今回も私はUstreamによる塾の動画配信を担当しました。

演目は「農業用水利施設のストックマネジメントについて〜施設機械設備〜」


Video streaming by Ustream
録画を部分的に公開しています。
アセットマネジとストックマネジの違いから、ポンプ内部部品のマニアックな話題まで多彩な内容で、その後の討議も興味深いものでした。

総合技術監理 口頭試験記録 まとめ

  • 2012/10/30(火) 18:57:56

技術士筆記試験の合格発表の後、複数の方から「総合技術監理部門」の口頭試験にむけてのアドバイスを求められています。

その他の部門に比べて、身近に資格取得者が少ないのかもしれません。

このブログの過去ログには私が合格したときの、口頭試験でのやりとりを解説付きで記録してあります。
ただもう6年も前になりますので、情報の新鮮さには難があります。
しかし、初挑戦で何の拠り所も無い方には、何かの参考になると思います。

数回にわたって連載しましたので、リンクをまとめておきます。

連載第1回
連載第2回
連載第3回
連載第4回
連載第5回
連載第6回
連載第7回

とりあえず筆記合格

  • 2012/10/28(日) 15:03:41

平成24年度技術士第二次試験の建設部門(河川砂防、および海岸海洋)に受験したところ、前半である筆記試験に合格しました。

目下 体験論文の提出に向けて詰めているところです。

私の周辺でも多くの吉報が聞こえてきますが、以前に受験指導を担当させていただいて合格なさった方が別部門(総合技術監理)でも合格した旨の連絡をいただいたりで、嬉しい限り。

後半戦の口頭試験に向けて気を引き締めていきましょう。

今回の受験は6年ものブランクが空いたうえでの挑戦でしたので、果たしてどんなものかと思っていましたが、前回(総合技術監理部門),前々回(応用理学部門)と比較した特徴は、あまり机に噛り付いていわゆる「ガリ勉」した記憶が少ないことです。
上記2部門については、大切なナニカを受験勉強のために犠牲にしつつ、それと引き換えに得た勝利でした。
対して今回は、ナチュラルに合格した感じです。
もちろん、何も準備することなく日常業務のOJTでここまで来たとは言いません。おそらく技術士受験対策指導を続けてきたことで、常に試験のトレンドに触れることができたり、試験採点者の視点に立って試験問題を攻略することを自然に習得したことが大きい。それからアウトプットの集い「Zの会」を継続することが、私のアウトプット力のみならずインプット力をも刺激し強化していたことが、実は受験勉強として機能していたと分析しています。

そうとしか考えられない。
技術士第二次試験の筆記試験は、受けなければ決して合格できませんが、
何の気なしに受験して、マグレで合格できるほど決して甘くはないのですから。


そいから、、、やっぱ痛烈に実感しているのですが、、、、


iPadってすげえェェェェェェェェ!!


ってことです。

※まだ最終合格しわけでもなんでもないので、この辺りは成果が出たあかつきに詳しくお話しするかもしれません。

技術的体験論文添削

  • 2012/09/25(火) 17:54:02

今年も技術士第二次試験筆記の合格発表が近づいてきておりまして、口頭試験へ向けた体験論文の添削指導の依頼が届きました。

私は、下記のサイトで応用理学部門(地質)の添削指導を担当しております。
若くして合格!技術士受験指導
http://peexam.net/

って、、、今年は私本人も受験しておりまして、まだ体験論文が完成しておりません><。ひとの心配してるバヤイかーって感じですが、みんなで頑張りまっしょい!

それにしても来年以降は、体験論文が廃止される公算が高いので私たち指導するほうもシステムをしなやかにに適応させていかねばなりませんね。

「Zの会」のご紹介

  • 2012/07/29(日) 14:03:13

実は、同じ会社の宮本(部長)さんと「Zの会」というものを主催しています。
これは月一度、興味を持ってくださった方々が集まって、フリージャンル、ノンテーマ、ノーリスクで好きなプレゼンをしまくるというユニークな会でして、2年以上欠かすことなく継続しており今回で28回を数えます。

コイツのおかげで私は何百人聴衆がいようとへっちゃらになりましたし、喋りの苦手だった私が技術発表会で他の発表者を圧倒することも、たまにはできるようになりました。

参加者は社内にとどまってはおりません、というか今や社外の割外が多くなり、職業などは関係なく楽しくやってます。気の向いたとき、都合のつけられる範囲で集まる“寺子屋”的な会なので参加人数は3人〜10人くらいのなかで推移しています。唯一のルールがあるとしたら、聴く人は発表者にダメだししないこと、かな。興味がございましたらご一報ください。一緒にやりましょう^^

で、最近Usuream(ユーストリーム,UST)に凝りだしたので、この会の様子をUSTにて動画配信してみたんですね。とりあえず自分の発表部分だけですけどね。次回はもっと工夫して完成度の高いライブ映像を配信したいなー。
(※注意 手違いで最初の5分が無音です><)


Zの会LIVEのチャンネルはこちら

あ、あと、発表後にそのまま配信中の映像を、チェックしたらかなり興味深いことがわかりました。同じ無線LANへつないで同時にライブ映像をストリーミングすると、以下の三台のマシンで、DL速度にすごい差が出たんです。動画で言うと57分以降。

1)PC(宇宙最強Alienware)
2)iPad3rd(部長の。イイナァ(・∀・))
3)iPad旧(私の。マジ(,,゚Д゚) ガンガレ!)

結果は、カメラから送信後のタイムラグで、
一位PC…2秒
二位iPad3rd…30秒
三位iPad旧…45秒
でした。

ウィンドウズPCとiPadでは、フラッシュ動画の処理のプロセスが違う筈なので、単純にパワーの差だけでは無いと思われます。
しかし、二位と三位の差は、純粋にメモリやCPUの差なのかなぁ、、、
やはり新型はあからさまにイイですね。

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ