風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

マインドマップ(R)公式アプリ

  • 2008/03/31(月) 13:26:05

マインドマップ(R)の公式なマインドマッピングツールを紹介します。

Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
(Windows Vista版)

なんたって、あのトニー・ブザン氏の公認っていうところが注目です。
使うとこんなのが描けるらしい。↓


なるほど、有機的なブランチなどが新しいかなぁ、、、。
けどこれくらいなら手描きで描いたほうがいいかなあ、、うーん。

眠れる獅子

  • 2008/03/29(土) 18:45:07

実は、一昨日、新しいノートPCが届きました。
4ギガメモリと512MBグラフィックメモリ搭載のイカしたあんちくしょうです。
ああでも、忙しくてかまってやれません。まだ居間の段ボール箱の中w。

・・・まああれだ。主役メカは、うんとじらしてから出てくるもんだよな。
ゼータガンダムみたいにねwww
うおーーーでも、じらすね俺(?)
はやくバッシバシ使いてーーー!
んで
「ザクとは違うのだよザクとは、、、」

って、言いてぇ〜!


ゆるい礫岩の切土

  • 2008/03/26(水) 11:15:02

先日撮影した礫岩(れきがん)の写真です。
地質調査

第三紀後期という、かなり時代の新しい礫岩と思われます。
完全に円磨された大小の礫(れき)〜玉石を主体としておりまして、玉石の大きさは数十センチから1m近いものまであります。
形成時代が新しいため、一つ一つの玉石が非常に硬い反面、それらの間を充填している“つなぎ”の部分の土砂がちゃんと固結しておらず脆いです。

それが、工事中に床掘りしてたら出ちゃったと、、、

私は法面屋さんじゃないので断定はできませんが、こういうのが切土法面計画箇所などに出現すると、工事する方は大変だろうなぁ、と思います。
同じ「軟岩」を切土をするといっても、マサ状の花崗岩を掘削するのに比べて、こいつはやっかいでしょう。
例えば、勾配S=1:1.0(45°)の切土法面を作れと言われても、
まず平滑な面に仕上げるが容易じゃない
50cm以上のまあるくてカッチカチの石が法面上にぼこぼこあるわけですから、、、
それを下手に撤去したらボッコリ大穴が空いちゃうし、かといって斜面上に残すと、ボコッと飛び出してる上にそれがいつか抜け落ちるかもしれない、、、しかたないから硬いけどなんとか小割りして斜面から突き出た部分だけを撤去する、、、って、それ、めんどくせええええ><、って感じでしょう。
手間もかかる上に、玉石1個づつに、都度々々高度な判断が要求されそうです。
実際、この写真にも良く見ると、飛び出した玉石部分をカチ割った涙ぐましい痕跡が沢山あったり。
この箇所は床掘り面ですからまだいいとしても、近隣の切土法面では苦労してらっしゃる気がします。
頭が下がります。
設計サイドから見るとこれも「軟岩地山掘削」で一括されちゃっていて、現場の苦労はわかりづらい。
けれど、こういう箇所については、施工単価も相応のものを見込んであげないと可哀相な気がします。
実際にはどうなのかなぁ?
百戦錬磨の土建屋さん方に言わせたら
「なぁに!この程度は、どうってことねえさ、まかしとけ!」
って仰るかもしれませんけどね。

脳ミソはOK?

  • 2008/03/18(火) 12:41:08

今朝の目覚ましTVでやってたのですが、個人情報保護などの観点から、さまざまな物品を社内持込禁止としている企業が増えているそうです。
個人PC、カメラ付き携帯、i-Pod、フラッシュメモリ、などなど、、、

特に個人情報を大量に取り扱うどこぞの企業では、私物は一切持ち込み禁止(財布、金属類全般)でスーツなどポケットのある上着も脱がされてました。

徹底してるなぁーすごいなぁー
これ、うちの会社でやられると、こまるなぁー
って思いつつ見てました。

なにせ私の場合、仕事で使うPCは自前なので、それを持ち込むなと言われると仕事になりません。
別に買ってもらえないと言うわけじゃなくて、仕事では自分の納得できるスペックのマシンを自分でカスタマイズして仕事したいので、入社時からそうしているだけです。
会社へ稟議まわしても、自分の願いはほぼ通りませんでしょうし、この点を妥協しつつ仕事することだけは嫌なのです。
実を言いますと昨晩、新しいPCをオーダーした直後だったりw(届くのは来月でしょうけど。とても楽しみです。)で、その矢先だったので、余計に考えさせられました。

それはさておき、先ほどの「持込禁止令」ですが、
リスク管理の視点から言うと妥当なのかも。情報漏えいによって企業が失うものを想定すれば、これくらい当たり前かもしれません。
でも、あえて正直な感想を言いますと、
「ここまで信頼されてない社員達って、、、どうなのよ?」
って思ったな。もう徹底した「人間性悪説」です。

でもでも、どんなに厳格なルールや、テクノロジーで縛ったところで企業の姿勢を外へ示すポーズには成り得ても、実効性には限界があるのじゃないでしょうか?
この限界を補完するためには、同時に「倫理教育」を本気でコストをかけてやらなきゃいかんとつくづく思います。

だって、最強の大容量記憶媒体は、“人間そのもの”なんですから。
「脳ミソ持ち込み禁止」とか「退出時には記憶を消して帰ること」とか、社内規則できたら大変です。

ステッドラーのさんすけ

  • 2008/03/13(木) 12:30:06

私は文房具屋さんへ行くと、当初目的以外のモノをつい買ってしまいます。
昨日は、これを買いました。


「三角スケール」というやつです。通称「さんすけ」。

我々、土木設計に携わる者には、御馴染みのツールですが、、、
、、、正直、最近は使用頻度がガタっと減りました。
CADで製図するようになったからです。
手元に無いなら無いで、何とかなる感じです。
まあ、現場で紙図面片手に距離を測るときなどは必須ですが。

というふうに、本来不要なのですが、私は買っちゃった。

だって、ステッドラー社のさんすけなんだもん♪
ドイツ製っすよ!(それがなんだ?)
芯材にアルミが使ってあるんすよ!(だからなんだ?)
もったいなくて現場では使えません!(だめじゃん><)

はぁ、きっと嫁に見せたら笑われそう(それも失笑)
いやー、でもイカスわ。

意地っ張り

  • 2008/03/12(水) 12:29:22

嫁が花粉症になったらしい。
私はずっと以前から花粉症なのですが、とうとう嫁も仲間入りの様子。
しきりに目をこすったり、鼻をかんでいる。

私:「もしかして、花粉症なんぢゃないの?」と聞くと、
嫁「ちがう!気のせいだもん。」だって。
どうやら、自分が花粉症になったことを認めたくない様子。
私:「病院いきなよ。」って言うと。
嫁「いや、、、病は気からっていうし、、、」とか、意味不明。
目の前にティッシュの山を作っていながら、まだ意地を張る模様。
まあねえ、、、、私が花粉症で困ってるのを、笑って見てたのに、それがまさか自分もそうなるとは思っていなかったのでしょう。
嫁「目がかゆいー、鼻もムズムズするー、口の中まで痒いー!」
私「・・・いやだから、病院いけってば、、、」
嫁「いや、、、まだその段階じゃない、、、」
・・・・半分認めてるじゃんw

などと強情張りつつ、ちゃっかり花粉症に効くカルピス買って来てたり。
でたー!、ザ・民間療法!(そのまえに病院だってば^^;)
この辺が、嫁のなんとも愛らしいところ。

うーむ、、、あまり言うと意固地になる性格だからこれ以上言うのはよそう。こんど一緒に病院いけばいいよね。

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ