風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

何を失ったのか?

  • 2008/06/30(月) 09:43:19

今回は、こちらの記事に関連して↓コメントします。

防災ブログLet's Design with Nature


諫早湾干拓をめぐる国を相手取った訴訟での画期的なニュースですね。
国のサボタージュを司法が痛烈に批判するというのは、胸がすく思いがします。

諫早湾の貴重さについては言わずもがなですから、触れません。
私の場合、これから学会誌の論説にて主張しようとしている論旨と重複する部分が大でして、それを不完全な形で小出しで漏らしたくないので、ここでは多くは語りません。
ただ、いま思うことをいくつか書いてみます。

☆ ☆ ☆

諫早湾干拓の是非についての問題は、永く論争されている根の深い問題です。
その経緯のすべてを知っているわけではないので、軽々しくコメントしづらいですが、

究極的には、干拓によって得られるものは何か?そしてその一方で失われるモノが何なのか?これを見極めることに尽きるのだと思います。

干拓によるメリットは、農地やら用水やら、工業用地やらで新産業の誘致などでしょうか?
これに対してデメリットとして、貴重な水辺の環境が失われることが考えられます。

これを、単に「漁業の被害」とだけ考えるのか、
汽水環境のもつそれ以上の価値が二度と取り戻せない形で喪失することを認識するかで
判断は大きく変わってきます。

原告側が漁業従事者さんに偏っているので、裁判の争点が漁獲高損失の損害賠償のような形になるのはしかたないですが、もうすこし広い視野に立って、それ以上にもっともっと大きなものをも失っていることも気づいていく必要があるのではないかと考えます。

そして人が自然環境と向き合う際に、
それたたとえどんなに複雑な問題であっても、
決して忘れてはいけない基本中の基本,大原則があります。

不可逆的な変化は、極力避ける

つまり、取り返しのつかない変化は行ってはいけないということです。
それに従えば、結論はおのずと見えてくる気がします。

モノは言いようで、、、

  • 2008/06/20(金) 11:30:46

先ごろ東北地方を襲った地震動によって、山間部のあちらこちらで河道閉塞(かどうへいそく)が発生したようですね。
川沿いの山腹斜面の土砂が崩壊して川筋を塞いでしまう現象ですが、報道機関によって表現がまちまちの様子。
河道閉塞っていうとまぁ、学術的かもしれないけれど非専門のひとの耳には聞きなれないですものね。
で、
「天然ダム」とか「土砂崩れダム」とか「せき止め湖」とか「震災ダム」とか、、、いろいろです。

去年とか一昨年までは「天然ダム」ってのをよく耳にしましたが、これは最近聞かなくなりました。
どうも、天然ってのが一般的にはプラスイメージですし、それが土砂災害の危険現象を表現するにはそぐわないからでしょうか。
今回の地震では、「土砂崩れダム」「震災ダム」を聞きます。
でも、これだけを予備知識なしで聞いても、ちょっと何のことかわからないし、誤解をまねきそうではありますね。

国土交通省さんは、「せき止め湖」って言ってました。
これはせき止めている土砂部分ではなく、せき止められている水を指しているので、厳密には着目点が違うのですが、おおよそ同じ現象を表現しています。
私としては、「せき止め湖」のほうが直感的に危ない感じを理解しやすい気がします。主観ですが。

それと、国土交通省さんならではのことかもしれませんが、、、
「ダム」というものに、マイナスイメージをなるべくは付加したくないという想いがあるのでしょう。

ただでさえ「ダム」=悪者、無用の長物、税の無駄遣い、だなんて思っている人が多いですから(もちろん、そうではない)。
土木構造物のダムと、自然発生した土砂崩れによる“自然にできた川のせき止め”とは全く違うものですが、
それを「ダム」と表現することの、サブリミナルなマイナス効果みたいなものが気になります。
だからあえて、ダムという言葉を避けたのではないかなぁ、と。
穿った見方というか、勝手な想像ですけれど。

続きを読む

太陽柱

  • 2008/06/18(水) 11:55:58

携帯電話で撮影した「太陽柱」という現象です。



以前、「二つの太陽」という記事で「幻日」という現象の写真を掲載したのですが、
これもわりと面白い気象現象なので、思わず撮影しました。
サーチエンジンに太陽柱をかけますと、美しい太陽柱映像を取り扱っているサイトを
沢山知ることができます。ぼんやりしてると気づかない、自然のひとコマでした。

リンク追加(防災ブログ)

  • 2008/06/12(木) 10:00:23

新しくリンクを追加いたしました。
  ↓こちらです。
【防災ブログLet's Design with Nature】

私のブログにもよく来てくださっている防災士の下河さんのブログです。地盤の防災について日々の実務を交えつつアカデミックに語られているサイトでして、ブックマークに是非おススメです。

ブログを閲覧していますと、下河さんの防災に対する使命感の強さを感じます。
私たち防災に携わる仕事というのは、その目的として、「利益追求」であるとか「自己実現」といった自己満足あるいは自己への利益誘導だけではとても済まされない仕事と言えます。

自分、そして自分の大切な人のために働く
  という “それだけ” では  到底勤まらない。

そういう仕事です。

それを改めて想起させてくれるサイトです。

落石調査での系列位置効果

  • 2008/06/02(月) 18:08:24

こないだ落石調査に出かけました。
急斜面を這いずり回って転石や浮石を評価して回るんですが、40箇所くらいの落石供給源が確認できました。

で、これを社内へ帰ってとりまとめるんですが、、、
1箇所1箇所を、写真とスケッチと手書きのマップをたよりに記憶を辿る際に、なかなか興味深い現象が起こりました。

現地で記載した箇所が1から順に45まであるとしましょう。
すると番号1〜10くらいまではかなり鮮明に記憶しておりまして(番号を聞いただけで現地の位置から雰囲気まで思い出せる)、そこから後がだんだん怪しくなってきます。20番台あたりは、スケッチや写真のいずれかを見ると「ああ、そうだった!」と思い出す感じ。
で、それが30番台ともなると記憶が相当あやふやで、スケッチや写真見てもちょっとおぼつかない、、、一緒に歩いた同僚と「どうだったっけTT」なんて確認しつつ乗り切ります。
すると、あら不思議40番からラスト45番までは、以外に鮮明に記憶していたりするもんなのです。

お、、、これって、あれじゃん!!


そう、、、、あれ、、、、><

(なんだっけTT)

えっと
学校で習う一時間の授業のうち、
・最初に聞いたことは記憶に残り易い
・最後に聞いたことも記憶に残り易い
・途中に聞いたことは真っ先に忘れる、、、

・・・ってかんじの法則、、、的な。

こーーぅいうやつですよ、ほら、、、

(※この図が、いちばん不確かだったりしますが、、、)

正確に言うと
「系列位置効果」って言うんだそうです。
詳しくはこちらがわかりやすい⇒「臨床心理学にいる」

この効果が、私の日常にもきれいに当てはまっちゃってますね。
実に興味深いです。

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ