風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

ゆけ!民主党

  • 2009/08/31(月) 12:44:01

いやまあ、、、私は民主党員ってわけじゃないんですけどね。

政権与党となる以上頑張ってほしいものです。
今回の選挙で私は民主党を選びました。
会社の連中にボロクソにいわれようと、知ったことではありません。

理由は

エコポイントがどうとか
高速道路料金がどうとか
在日の外国籍の人々の扱いがどうとか
消費税がどうとか

そういう、枝葉の判断材料ではなくって、

「机上の議論推論はさておき、とりあえず、政権与党をいっぺんやらしてみようやー」というシンプルな気持ちからです。

これは、「さぁて、お手並み拝見・・・」みたいに、与党を担当させてボロが出たところを鬼の首でも取ったように批判する、、、

そういうセコイ了見ではありません。

あれこれ脳内でシミュレートしたところで、実際やってみないと何にも判らないという純粋な現場主義的思考からくるものです。

僕らの業界では、中小〜零細企業に、こんなジレンマがあります。

・ある事業に新規参入したいけど、指名にいれてもらえない
    ↓
・なぜ指名に入れてもらえないのか?
    ↓
・指名要件の“実績”がないから
    ↓
・なぜ実績がないのか?
    ↓
・指名にいれてもらえないから。
    ↓
・なぜ指名に入れてもらえないのか?
    ↓
・指名要件の“実績”がないから
    ↓
・なぜ実績がないのか?
    ↓
・指名に・・・(以下略)

という、無限ループというか、矛盾というか、
要は、「やったことない奴は、挑戦の機会すら与えられない」という現実があります。
中小企業は、技術はあっても、永遠に大手の「下請け」しかできない、、、みたいな。

そういう、過度に排他的な業界体質に対して、私は常に憤りのようなものを感じていて、その事実と、与党の経験がほとんどないこと一点で力不足と評される民主党には、合い通じるシンパシーを感じるんですね。

だから、与党を担うチャンスは与えたい。
その結果に対して共に学ぶことって沢山あるはずだ。
それでもしダメならそれに怒ればよい。
少なくとも今の自民はもうだめだ。

なんか、そんなふうに思ったんですよ。

私んちは、子供がいないし、民主党のマニフェストでは年間数万円の増税の見込みです。公共事業もさらに冷え込むでしょう。

でも、それで日本が良くなっていくなら、安いものだと思うのです。

GeoTech e‐フォーラム

  • 2009/08/26(水) 18:28:58

地質技術者を対象とした全国フォーラムである、
「GeoTech e‐フォーラム」というのが島根県で開催されます。




来月9月の10日11日の二日間でして、実務の工期に追われつつ、私も参加予定です。(はたしてだいじょうぶだろうか、、、、)

ここからは、藤井基礎設計事務所のMr.Shunさんの受け売りになりますが、、、、
--------------------------------------------------------
有料部分は敷井が高いかもしれませんが、
無料部分でもかなり面白いものがあります。

9月10日は、
宇宙開発機構の金子氏の講演 (宇宙、、、、おもしろそう)
ジオパーク関係の話で野辺さん登場です。(ジオパークと聞いたら私としては、ほっとけませんね、、、)

9月11日は、
石見銀山(中村氏)出雲の魅力(藤岡氏)
の話もありますが、(私はあんまり興味わかない)
Rubyのまつもとさんの話が魅力的です。(うおっ!Rubyは気になる、、、これは注目です。)


Rubyのまつもとさんに対しては、こんな切り口で講演をしてもらうようにお願いしているそうです。
*****************************************************
新しいプログラミング言語として脚光を浴びている「Ruby」の開発者。
松江市を拠点に全世界から着目されている。
「自分が欲しいものを自分で創る」
その想いで創り上げた「Ruby」。同じ想いの人がさらに進化させる。
これからの時代に大事なことは、新しいことを追い求めることではない。
役だつと思うものを、自ら努力して創り上げること。
まつもと氏の生き方は、きっと僕たちを元気にしてくれる。
*****************************************************
(んんー、おもしろそうじゃあないですか!一度ゆっくりお話してみたいものです。)
-----------------------------------------------


忙しいけど、聞いてみたい話が結構あります。
まだ締め切りでは無いようですので、皆さんも松江のフォーラムに足を運んでみてはいかがでしょう^^/

詳細はこちらになります↓
全地連ホームページURL http://www.zenchiren.or.jp
【パンフレット&プログラム等】へ

配筋探査技術者試験04

  • 2009/08/06(木) 08:39:48

配筋探査技術者の資格試験のうち、最終関門の応用実技試験に行ってまいりました。やるだけのことはやりました。
手ごたえは、まずまずといったところです。
島根県という僻地から大阪までの4往復をこなさないとたどり着けない資格なので、これを専門としている技術者さんは別として、異分野から参入する場合には、かなりハートが強くないと取得できない資格だなあと思いました。
さて、実務が溜まっています。がんばらねば。
詳しい話は、またいつか。

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ