風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

下請とは、言わない

  • 2011/07/07(木) 17:53:03

ついこのあいだ匿名のコメントをいただきました。

同業の方のようでしたが、下請の厳しさとそれに対する元請業者の技術士の怠慢さについて訴えるものでした。
コメントの行間にある真意まで読み取ることができたのかわかりませんが、すくなくとも下請からみた元請への不満のようなものが強く感じられました。

実は類似のコメントはときどきいただいています。
それについて思ったことを書こうと思います。


さて、私も仕事を手伝っていただくことはよくあります。
逆に下請け的な仕事も沢山あります。
零細な会社で勤務しているので、それは日常的です。

私は技術士ではあるんですが、課内に業務を主任として担当できる直属の部下は、一人もおりません。よって担当する全ての業務の現場を自ら駆けずり回っているわけで、下請に業務を委ねて楽をしているような技術者像とは、ほど遠い状態です。

それだけは、確かです。

そんななかで、私を手伝ってくださる方がいるとしたら、その方に対して、今流行の“上から目線”になることがないようにいつも気を配っています。

ですから、そもそも「下請」なんて言葉はまず使いません。
(上の行のほうでは便宜的に使いましたが、、、)
少なくともうちの部署では「下請」という言葉は禁句にしています。
そのかわり私たちは「協力会社」の方と呼ばせていただいてます。
一緒に仕事を進めていくうえで、上も下もありませんし、そもそも手伝っていただく方のほうが私などより経験が確かだったり、スキルが上なことが多いです。そのような貴重な仲間を下にみることは絶対にありません。

ただしそのような自負が自惚れとならないように、日々悔い改めないといけませんよね。

地質リスクの講演in東京

  • 2011/07/04(月) 21:08:07

本日、今岡は東京に来ております。
石灰石鉱業協会さまから、地質リスクに関する講演を依頼されまして、武道館そばの本部で講演を済ませ、懇親会にも出席しまして、いま東京駅の地下街で涼をとっているところ。
石灰石鉱業協会HPこちら
http://www.limestone.gr.jp/index.htm

資源開発に関わる地質屋さんと大勢お知り合いになれました。
私のような土木地質の業界とはちょっと異質で、一線を画した印象を受けました。
話を聞いてみると、土木地質業界よりもはるかに元気があるなあって思いました。
若い技術者さんもハツラツとしていて好印象でした。
なんというか、閉塞感から悩み過ぎて自分のカタチをも見失ってしまった土木地質屋さんとは違って、地下資源開発に関わる業界の地質屋さんは、なんだかとてもピュアと言うか、地質屋さんらしい地質屋さんたちだなって感じました。営業上の甲乙関係やセコイ駆け引きなど無縁な世界で存分に己の得意な技能を発揮していらっしゃる様子がちょっと羨ましい。うーん。

同じ地質技術者であっても、ほとんど交わることなくこんな世界もあるんだな(あたりまえだけど。。。)と、軽いカルチャーショックを覚えましたね。

さ、お土産買って、帰路につかねば。

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ