風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

総合技術監理 口頭試験記録 まとめ

  • 2012/10/30(火) 18:57:56

技術士筆記試験の合格発表の後、複数の方から「総合技術監理部門」の口頭試験にむけてのアドバイスを求められています。

その他の部門に比べて、身近に資格取得者が少ないのかもしれません。

このブログの過去ログには私が合格したときの、口頭試験でのやりとりを解説付きで記録してあります。
ただもう6年も前になりますので、情報の新鮮さには難があります。
しかし、初挑戦で何の拠り所も無い方には、何かの参考になると思います。

数回にわたって連載しましたので、リンクをまとめておきます。

連載第1回
連載第2回
連載第3回
連載第4回
連載第5回
連載第6回
連載第7回

とりあえず筆記合格

  • 2012/10/28(日) 15:03:41

平成24年度技術士第二次試験の建設部門(河川砂防、および海岸海洋)に受験したところ、前半である筆記試験に合格しました。

目下 体験論文の提出に向けて詰めているところです。

私の周辺でも多くの吉報が聞こえてきますが、以前に受験指導を担当させていただいて合格なさった方が別部門(総合技術監理)でも合格した旨の連絡をいただいたりで、嬉しい限り。

後半戦の口頭試験に向けて気を引き締めていきましょう。

今回の受験は6年ものブランクが空いたうえでの挑戦でしたので、果たしてどんなものかと思っていましたが、前回(総合技術監理部門),前々回(応用理学部門)と比較した特徴は、あまり机に噛り付いていわゆる「ガリ勉」した記憶が少ないことです。
上記2部門については、大切なナニカを受験勉強のために犠牲にしつつ、それと引き換えに得た勝利でした。
対して今回は、ナチュラルに合格した感じです。
もちろん、何も準備することなく日常業務のOJTでここまで来たとは言いません。おそらく技術士受験対策指導を続けてきたことで、常に試験のトレンドに触れることができたり、試験採点者の視点に立って試験問題を攻略することを自然に習得したことが大きい。それからアウトプットの集い「Zの会」を継続することが、私のアウトプット力のみならずインプット力をも刺激し強化していたことが、実は受験勉強として機能していたと分析しています。

そうとしか考えられない。
技術士第二次試験の筆記試験は、受けなければ決して合格できませんが、
何の気なしに受験して、マグレで合格できるほど決して甘くはないのですから。


そいから、、、やっぱ痛烈に実感しているのですが、、、、


iPadってすげえェェェェェェェェ!!


ってことです。

※まだ最終合格しわけでもなんでもないので、この辺りは成果が出たあかつきに詳しくお話しするかもしれません。

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ