風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

ゆけ!民主党

  • 2009/08/31(月) 12:44:01

いやまあ、、、私は民主党員ってわけじゃないんですけどね。

政権与党となる以上頑張ってほしいものです。
今回の選挙で私は民主党を選びました。
会社の連中にボロクソにいわれようと、知ったことではありません。

理由は

エコポイントがどうとか
高速道路料金がどうとか
在日の外国籍の人々の扱いがどうとか
消費税がどうとか

そういう、枝葉の判断材料ではなくって、

「机上の議論推論はさておき、とりあえず、政権与党をいっぺんやらしてみようやー」というシンプルな気持ちからです。

これは、「さぁて、お手並み拝見・・・」みたいに、与党を担当させてボロが出たところを鬼の首でも取ったように批判する、、、

そういうセコイ了見ではありません。

あれこれ脳内でシミュレートしたところで、実際やってみないと何にも判らないという純粋な現場主義的思考からくるものです。

僕らの業界では、中小〜零細企業に、こんなジレンマがあります。

・ある事業に新規参入したいけど、指名にいれてもらえない
    ↓
・なぜ指名に入れてもらえないのか?
    ↓
・指名要件の“実績”がないから
    ↓
・なぜ実績がないのか?
    ↓
・指名にいれてもらえないから。
    ↓
・なぜ指名に入れてもらえないのか?
    ↓
・指名要件の“実績”がないから
    ↓
・なぜ実績がないのか?
    ↓
・指名に・・・(以下略)

という、無限ループというか、矛盾というか、
要は、「やったことない奴は、挑戦の機会すら与えられない」という現実があります。
中小企業は、技術はあっても、永遠に大手の「下請け」しかできない、、、みたいな。

そういう、過度に排他的な業界体質に対して、私は常に憤りのようなものを感じていて、その事実と、与党の経験がほとんどないこと一点で力不足と評される民主党には、合い通じるシンパシーを感じるんですね。

だから、与党を担うチャンスは与えたい。
その結果に対して共に学ぶことって沢山あるはずだ。
それでもしダメならそれに怒ればよい。
少なくとも今の自民はもうだめだ。

なんか、そんなふうに思ったんですよ。

私んちは、子供がいないし、民主党のマニフェストでは年間数万円の増税の見込みです。公共事業もさらに冷え込むでしょう。

でも、それで日本が良くなっていくなら、安いものだと思うのです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

ループの中の人です

僕もループの中のひとですから、よーく解ります。
でも○用○質さんところに独占されているものが、分散されるようなことにはならないような気がします。

この業界余剰人員が多すぎるようなので、勇気ある撤退に進むべきか・・・かじりついてでも離れないべきか・・・
決断するには少し遅すぎた感があります。

実績と実力

うちもそうですよ。どうも実績(過去)と実力(現在およびこれからの期待値)の意味を区別できる人がいない世の中です。それができるのが本当のプロなんですがね。

会社の実績なんて

下河さんおひさしぶりです。
ま、会社の実績なんて、これだけ人材の流動化が進んじゃうと、あまり意味を成さなくなってますよね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ