風に立つライオン管理人

カテゴリー

風に立つライオンLink

風に立つライオン内検索

月別アーカイブ

風に立つライオンRSS

口頭試験(総合技術監理)

  • 2006/11/13(月) 22:00:15

応用理学部門に続きまして、総合技術監理部門の口頭試験についても公開、、、したいところですが、ただいま試験直後のメモをたよりに復元中です。
とりあえず、質問内容だけでもリストアップしておきますね。
質問の順番は、定かでありませんので順不同です。

※各質問への注釈と、私がどう回答したかについては、次回以降にまとめる予定です。



Q:受験の動機、および総合技術監理部門の資格をどう活かしたいか、抱負をお聞かせください。

Q:あなたが筆記試験で書かれた論文のセールスポイントを説明してください。

Q:論文において落石の確率に言及されていますが、本当に落石の確率予測は可能ですか?現実に合致しますか?

Q:落石には地形地質的な要因に支配されることで発生しやすいパターンがありますね。これを利用して、広い目でみて落石危険箇所を抽出できるようにしてはどうですか?

Q:業務上において、社会環境への影響について気付く点はありますか?

Q:あなたが所属している会社では、社内で倫理の取り組みがありますか?あれば、説明してください。

Q:社内におけるあなたの人的資源活用の取り組みについてお聞かせください。

Q:テキストである「総合技術監理の技術体系」を読まれて、最も気に入ったフレーズ,概念は何ですか?

Q:あなたはまだお若いですが、今後は組織内でずっと年上の技術者を統括する立場になりますが、そんなことができますか?どうしますか?

Q:業務においては、地元住民の意見を聞くことはありますか?どのようにやっていますか?

Q:技術者として自己研鑽するための重要な講習会への参加と、実際の業務をこなすことの、どちらを優先しますか?

Q:講習会以外のCPDはどのように行っていますか?CPDについて悩んでいることはありませんか?

Q:防災は安全第一ですが、業務における安全性の評価のやり方は、どのようにやっていますか?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カレンダー

Facebook

応援感謝です!

最近のエントリー

最近のコメント

Bookわらしべ

最近のトラックバック

風に立つライオンへ